2005年11月14日

とりあえず結果だけ

準優勝でした。
GT決勝参加権獲得。


ちなみにもう一人身内から参加した某札幌3位様が見事な引きで優勝したので身内二人でワンツーフィニッシュできました。
なんだこのミラクルは。

おまけに、上位3人は全員この前のゲーマーズの遊戯王の大会に出てたとか。
遊戯厨引きツヨスwww


とりあえず需要の無い大会レポはまた明日にでも。

今日はもう寝ます。
posted by たてわき at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

決戦前夜。

いよいよ明日はCS決勝です。

この日のために遊戯控えめにしてGW最優先でやってきたので、なんとか結果を残したい。

デッキのポテンシャルは十分。調整も十分。きっちり回せれば勝てないデッキは無いはず。


予選で散った身内の分まで頑張るよ!
posted by たてわき at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

11/5 遊戯王公認inゲーマーズ札幌店&イエローサブマリン札幌店

超久しぶりの遊戯大会。
しかも2連戦とか。


まずはゲーマーズ。
シェイルさんとサンダーさんを確認。

使用デッキは劣化サイカリな気がしないでもない遺言ハンデスで。


一回戦目:シェイルさん ○×○
いきなりですかー。

一本目…じゃんけんに勝てた。死霊パンチが入ったのでそのままずるずると。

二本目…最初のターンでエクチェンくらう。リリーでアドはなんとか返せたものの、ライフが減ってたところにトップ埋葬されて死亡。

三本目…先攻壺ー。エクチェン来たらオイシイかもーと思って大嵐セットしたら本当に全伏せエクチェンされたので、返しのターンに流す、と思いきや宣告喰らう。まぁこれで相手4000なわけで、そのまま押し切って勝利。


二回戦目:B&B? ×○○

一本目…後攻。相手初手モンがデスカリのみだったらしく、返しのターンでサイドラで倒す。
割とこっち優勢な感じだったが、波動置かれて状況は一変。死霊とマシュで攻撃を止められ、伏せ除去も引かず。焼かれて死亡。

二本目…恐らくスイッチしてくるだろうと思ったので余りメインは変えずに行ったが、また波動置かれて凹む。でも相手が見切り発射してくれたので、死霊でアド差を付け、筒警戒のチキンパンチで勝利。

三本目…後攻壺ー。遺言→トマト特攻で死霊を通してアド差を付け、危なげなく勝利。


三回戦目:アンデット ○×○

一本目…後攻。龍骨鬼に結構押されるが、なんとか除去し、死霊が居る状態で遺言トマトを決め、ザルーグとダブルでハンデス。なんとか引き合いまで持っていく。そうなればサイドラ3枚のこちらが有利なわけで、ちょくちょく出てくるヴァロンをサイドラで潰して勝利。

二本目…序盤からライフアドを持っていかれ、強奪→生者のラッシュで死亡。

三本目…羊転移とか遺言トマトとかでアド差を付けて勝利。


四回戦目:ガジェ(身内) ×○×

一本目…先攻取ったけどぶん回られて死亡。

二本目…先攻取って壺打ってゲドンでガジェ食って勝利。

三本目…ぶん回られて(ry


2位でした。
ツインげと。


次はイエサブ。

一回戦目…サンダーさん ○×○

一本目:後攻。サイドラ&カリバーで攻め、そのまま相手が事故気味だったので押し切る。
3分かからなかった気がする。

二本目:順調にアド差を取っていったが、見習から時魔が出てきて、当てられる。
強奪からのラッシュで死亡。

三本目:サイドラで主力アタッカーを潰していって勝利。


二回戦目…ガジェ(身内) ××
さっき当たった気がするよ。

一本目:後攻。ぶん回ら(ry

二本目:ぶんm(ry

事故らないガジェって強いですね。


三回戦目:スタン ×○○

一本目…なんかネフが落とせなかった。押されて死亡。

二本目…壺押収ー。お疲れ様でした。

三本目…序盤押されてたけどメタポ反転で逆転。
その後相手に月書打たれてメタポもう一周とかやってなんかぐだぐだな感じに。
完全に場が硬直してるので、嵐引くまでガン待ち。
5,6ターン待ったら引けたので、嵐→ブラホ→遺言×2+通常召喚で削りきる。


四回戦目:アンデット ○○
うん、さっき当たったよね。

一本目…サイドラが居ればアンデットには負けないわけで。

二本目…トマト転移が決まる。そのまま押し切り。


また2位でした。
ゴルドげと。


遺言は強かったけど、基本的には貪欲ターボメタなのでガジェにきっちり回られるとどうしようもなかった。
書くことないんで遺言理論でも書こうかな。
かなりこの環境にはマッチしてると思った。
posted by たてわき at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

10/29 札幌駅ゲーマーズSCS予選

SCS予選はCS決勝まであと3回しか無いので、本命である水ランデスで出撃。
スイスドロー24人。

続きを読む
posted by たてわき at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

王家の呪い

大嵐に打てなくなった模様。※公式HP参照

調整中になってるって話は聞いてたけどまさかひっくり返るとは。
posted by たてわき at 19:26| Comment(4) | TrackBack(4) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

10/9 札幌駅ゲーマーズSCS予選

前回の結果がちょっと酷かったので、初心に帰るつもりで水を使ってみる。
スイスドロー24人。続きを読む
posted by たてわき at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

大会に行ってくる!

GWの。



昨日は滅多に行かない店の遊戯の大会に出てきたけど一コケ。
まぁ即席ガジェじゃ無理だわな。
久しぶりだからと言って様子見し過ぎた気がする。
次回はちゃんとメイン持って行きます。



そういえば、ディメンションなんちゃらのスターター買いました。
ルルブが曖昧な感じなのはちょっと減点かな?
ゲーム的にはまぁそこそこって感じだった。
派手なのが好きな人にはちょっと無理なゲームかもしれません。
posted by たてわき at 12:44| Comment(4) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

殺伐としてるなぁ

恐らく誰も見てないので思ったままの事を書いてみよう。そうしよう。

トランスとか、MACVとか。

基本的に、現状ビートダウンで勝ちに行こうとしても、構築で大きく差を付けることは非常に難しいです。圧倒的にミラーマッチが多いので、引きやじゃんけんの勝敗に左右されてしまうことは少なくありません。
スタンやガジェが圧倒的に多い現環境において、あくまでも「引き」ではなく「実力」で勝つことを徹底していくと、どうしてもコントロール、1kill、ロック等の少数派のデッキに行き着いてしまいます。
その結果、ビートダウンの対極に居るこのような「相手を不快にしてしまいがちなデッキ」が出てくるのは仕方ないことだと思います。
あくまでも強さを求めた結果なのに、「ロックや1killは卑怯だ」と決め付けてしまう風潮は相変わらずのようで、これでは一生懸命デッキを考えている人が報われません。

TODがルール的に問題無い現状では、デッキの製作者や使用者を責める権利は我々にはありません。

結論:コナミ超がんばれ




とっても平和な環境の札幌プレイヤーがお送りしました。
posted by たてわき at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

新制限考察A

環境変化により、今後よく見るであろうカードを考察。

■サイバー・ドラゴン
今まで高ステータスモンスターを押さえつけていた変異サウサクのコンボパーツがことごとく規制されたことにより、高ステータスを逆利用されることが少なくなり、本来の力を発揮することができる環境になった。その汎用性の高さから、今後幅広く使われ、環境の中心となるであろうカード。

■D.D.アサイラント
デッキの主力となりやすいモンスターと言えば4つ星アタッカーが上げられるが、サイドラの複数積みが流行すると思われる新環境では、攻2100に容易に戦闘破壊されるモンスターは使いづらくなる。
そこで、戦闘破壊されても相手を道連れにすることにより、アドバンテージを失わないこのカードは新環境でのメインアタッカーとして活躍すると思われる。
開闢、変異を失ってコンセプト的な物を失ってしまったスタンダードデッキは、増援を採用することによって戦士中心のビートダウンデッキへとシフトしているようなので、増援でサーチできるこのカードはスタンダードに3枚必須のカードとなっていくことが予想される。
限定カードで手に入りにくいので、早期の再販に期待。

■氷帝メビウス
変異カオスが環境から姿を消し、変異と並んで強力だったにも関わらずほぼノータッチだった除去ガジェットがメタの中心となるであろうこの環境において、相手の伏せを除去できるカードは今まで以上に価値が上がると思われる。
そこで、メインからでも違和感無く投入することができるメビウスは活躍の幅が広がった。
また、破壊しようとしてもチェーンされてしまうSS2の優秀カード達が軒並み規制を喰らい、より有効に効果を使用することができるようになった。
攻撃力もこの環境では最高レベルの2400で、サイドラを戦闘破壊することが可能。
弱点の一つであった月読命も、突然変異の規制、聖なる魔術師の弱体化によって以前よりも減少すると予想される。
今後の上級モンスターはサイドラ、メビウス、ショッカーの3すくみとなりそう。

■強制転移
良き相棒でありながらも最大の弱点であったスケゴが制限になったことにより、若干使いづらくなったが、大幅にリスクが少なくなった。
一枚になったスケゴとリビングデッドにさえ気を付ければ、各種遺言系モンスターと合わせることによって一方的にアドバンテージを得ることが可能。
オーバーパワーなサイドラに対抗できる数少ないカード。

■魂を削る死霊
スケゴが制限化されたことにより、かなり攻撃を通しやすくなった。
尚且つスケゴが一枚な現環境では守りが薄くなりがちなので、安定した壁としてとても重宝する。
サイドラ流行&スケゴ制限により、弱点であるトランプル持ちモンスターも一気に減ると思われる。

■キラー・トマト
・強制転移が使いやすくなった。
・スケゴの制限化により魂を削る死霊、ザルーグが大幅強化(ザルーグに関してはリクルの増え方次第では弱体化かも)
・戦闘破壊でアドバンテージを取られず、尚且つ通常召喚モンを含めたラッシュにも耐えることができるという理由から、サイドラに強いと言える。
・スケゴとのアンチシナジーをあまり気にしなくてもよくなった。
・安心してサイドラと一緒に並べることができる。
・ガジェの収縮・突進・リミッターでのカウンターを喰らいにくい。

神カードだと思うんですがどうなんでしょうか。

■賢者ケイローン
基本的にはメビウスと同じ理由。

■カオス・ソーサラー
開闢と違い爆発力は無いものの、とりあえずアドバンテージは取れるカードなので、デッキに光・闇が多ければ一枚挿してみると良いかも。
ただ、このカードを積むためにデッキの形を崩してまで光・闇を入れるのはオススメしません。
あくまでもオマケ感覚でどうぞ。


デスカリバーについては、まだ使っていないのでノーコメントで。
まぁ強いんでしょうけどね。
スケゴの制限が何かと環境に影響を与えている模様。
posted by たてわき at 20:27| Comment(2) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。