2004年08月20日

新制限&禁止

トライスさんの日記にて、画像が公開されています。

〜新禁止カード〜
混沌帝龍 −終焉の使者−
クリッター
黒き森のウィッチ
死者蘇生
団結の力
天使の施し
聖なるバリア −ミラーフォース−
ブラックホール

〜新制限カード〜
サイクロン
第六感
死のデッキ破壊ウィルス
激流葬
神殿を守る者
メタモルポット
お注射天使リリー
サイバー・ポット
ファイバーポット
苦渋の選択
心変わり


確定情報のようなので、考察してみる。
補足として、環境に与えると思われる変化も書いておきます。

〜新禁止〜

■混沌帝龍 −終焉の使者−
当然。

■クリッター&黒き森のウィッチ
他の禁止カードに見られる共通点としては、「大味で容易にデュエルをひっくり返してしまうカードである」という点があるのだが、これは純粋にその採用率から禁止に選ばれたカードだと思われる。

・「キラー・トマト」が消える。

・「抹殺の使徒」に代わって「シールドクラッシュ」が台頭してくる可能性がある。


■死者蘇生
アニメ・漫画・OCGの全てにおいて大活躍してきたカード。
魔法カードの代表的カードと言っていいだろう。
強さから見れば禁止は妥当なのだが。。。
本当に良かったのか、コナミ。

・上級モンスターの採用率の減少。


■団結の力
個人的に大好きなカードだったのでちょっと残念。
恐らく「サイクロン」の制限の影響によるものだと思われる。
元々あまり使われていないカードなので、環境に与える影響はほぼ無いと思われる。

・特に無し


■天使の施し
先攻が有利になる要因が一つ減りました。
どんなデッキにもほぼ間違いなく入るカード。
また、「キラー・スネーク」、「深淵の暗殺者」、「サンダー・ドラゴン」と組み合わせれば、簡単にアド差が取れてしまう。
禁止は妥当。

・「キラー・スネーク」、「深淵の暗殺者」、「サンダー・ドラゴン」の採用率の減少。

・各種コンボデッキの事故率の上昇。

・上級モンスターの減少。


■聖なるバリア −ミラーフォース−
「魔導戦士ブレイカー」との兼ね合いもあり、割とバランスは取れているカードではあったが、殴りデッキであればどんなデッキにでも入り得るカードなので、禁止は妥当と言えるだろう。
プレイングもやや攻撃的なものに変わっていくと思われます。

・「異次元の女戦士」の採用率が更に上昇すると思われます。
理由としては、「異次元の女戦士」+アタッカーで、壁モン除去→ダイレクトという流れが決めやすくなったからです。
もし、「聖なるバリア −ミラーフォース−」を喰らってしまえば、一度に二体除去されてしまいますから。



〜新制限〜

■サイクロン
今回の目玉。
長くなりそうなので、後日別記事にて。


■死のデッキ破壊ウィルス
個人的には二番目の目玉。
これで以前ほどウィルスに怯えることは無くなるわけですが、調子に乗ってアタッカーを詰めすぎると、たった一枚の「死のデッキ破壊ウィルス」で壊滅しかねない。
面白い制限だと思います。


・殴りデッキにおける平均攻撃力の上昇。
・各種媒介モンスターの使用率の減少。
・「ミーネウィルス」のコンセプトが半壊。
・「次元斬」が本格的に台頭してくる可能性がある。


■第六感
当然。
禁止の方が妥当だとは思いますが、連発される恐怖が無くなっただけでも大きいです。

・遊戯王がサイコロゲーを卒業できる可能性がある。


■激流葬
「聖なるバリア−ミラーフォース−」が禁止ならば、これは放置でもいいんじゃないか、と思いました。
パワー溢れる環境になりそうです。

・「異次元の女戦士」の採用率の上昇。
理由は「聖なるバリア−ミラーフォース」の欄にあるものとほぼ同じですので割愛。


■神殿を守る者
なんか今更感が否めないが、危険なカードはとりあえず制限にしておきましょう、ってことですか。

・特に無し


■メタモルポット
準制限に戻った理由がイマイチわからなかったカードですから。
1killにも使われるカードですし、妥当なんじゃないでしょうか。

・特に無し



□元禁止カード達
今回の禁止で抜けた穴を埋めるカードとして、再び脚光を浴びることになりそうです。

・ファイバーポット
恐怖のリセットカード再び。

・サイバー・ポッド
恐怖の大量ドローカード再び。

・苦渋の選択
どう考えても禁止当然なカードですが、これが禁止された後のコンセプトデッキ使い達の悲痛な叫びを思い出したら、なんか妥当なようにも思えてきました。
トーナメントプレイヤーにとっては厄介としか言いようが無いですが。

・お注射天使リリー
最も禁止カード化に疑問が持たれたカード。
その疑問の声は、必須とまでは行かない程度の微妙な強さに向けられたものなのか、それとも。。。
激ムカもあることですし、「巨大ネズミ」再来か。

・心変わり
これも禁止のままで良かったと思う。
ブロッカー除去&攻撃要員増加は脅威の一言。
「聖なる魔術師」が減ると思われる。



感想としては、結構コナミも頑張ったなぁ、と率直に思いました。
やっぱり謎な部分があるのは仕方無いとして、なかなか評価できる内容だと思います。

ただ、サイエンカタパが。。。
posted by たてわき at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/470000

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。