2005年05月02日

5/1 ホビー光公認大会

シェイルさん、サンダーさん、ともさとさんの3人と一緒に小樽に遠征してきました。

軽く車酔いしつつ、会場に到着。
すごく小さなお店で、スペースが無く、近くの倉庫で大会をやっているとのこと。

参加者の中には札幌からの遠征組がちらほら。
やっぱりみんな気合入ってるなー、と痛感。


予選:小学生 ○○−
ポイントには反映されないとのこと。


一回戦:黒忍者入りスタン ×○○
小二〜三くらいの男の子。
予選の子よりもちっちゃな子だったので、申し訳ないなーとか思いつつ試合開始。

一本目・・・相手先攻、天使の施しから捨てられたのは、ブルーアイズでもレッドアイズでもなく、普通のスタンカードたち。あれー?
っていうか手付きが物凄く慣れてる。
これはまさか。。。
トマトが出てきてエンド。
次のターン、ブレナイも追加され、殴ってきたところをバインド。
チェーンでサンブレを撃たれたので、王家で消す。
その後何ターンか硬直するが、こちら波動キャノンを引かない。
仕方なくステバで削っていると、大嵐。
2伏せからブレナイでステバが倒される。
再度B地区にて体勢を整えようとするが、リリーやらステバやらで削られ、最後はマタザでフィニッシュされる。

二本目・・・大人気ないですが、気合を入れ直して本気モード。
いくら強い子だとはいえ、小学生に負けるわけにはいかない。

初手施し→キラスネ捨て。
これはもらったか、と思ったが、相手も壺→施し。
サウサクでアドを取りにいくが、シリンダーで返され、返しのターンに同族に除去られてしまう。
トマト反転からの攻撃で結構なライフ差が開く。
なんとか体勢を整えたところで、出てきたモンスターは黒忍者。
相手の墓地には施しで捨てた闇属性たちが。
仕方なくダメージを通すハメに。この時点で既にライフは2000強。
次のターンにセットしたアサシンで、なんとか忍者を除去。
さらに、死デッキで相手のアタッカーを潰し、手札差だけはとりあえず稼ぐ。
死デッキ中の相手の引きはブレイカー、鏡と悪く、相手の手札が枯れている間にモンスター引いて押し切り。超危なかった。

三本目・・・こちらの初手はイマイチ。
相手の裏守備を抹殺し、セイマジをセット。
返しのターン、増援からのブレナイにセイマジが切られる。
うはwwww読まれてるwwwww
次のターン、雑貨裏守備セット→変異。
ブレナイを吸って殴るが、シリンダー。
返しのターン、相手は裏守備セット。
下手に殴ってサウサクが除去られると困るので、裏守備は放置してエンド。
すると次のターン、頼みの綱のサウサクが同族で除去され、そのコストで捨てたショッカーが埋葬で出てくる。更に、前のターンにセットされていたトマトも追加され、一気に5400ダメージ。
これでこちらの残りライフは1000。相手ライフは7200。
こちらの手札には召喚可能な開闢、パーシアス、ブレイカー、団結。
相手ライフを削り切るには、トマトをなんとかしなくてはいけない。
こちらは防御カードは皆無なので、下手に殴って開闢を盗られたりしたら終了。
相手は伏せ無しでエンド。
意を決してドローすると、強奪。
ブレイカー召喚→埋葬破壊→強奪でトマト→開闢→団結で終了。

トマトから呼んでくるモンスターのチョイスとか、玄人好みの黒忍者の強さを心得てるところとか、カード資産とか、とにかくスーパー小学生でした。
天賦の才ってやつですか。


二回戦:スキドレ(サンダーさん) ○○−
昨日も二回戦でお会いした気がするんですが、気のせいですかね?w

一本目・・・サイクを使わせて、B地区波動。

二本目・・・お触れを張ることに成功するものの、変異を引かず、パワーで押し切られそうになるが、お触れがある状態でミラフォ→サイク対象お触れ。これで4体落ちる。
次のターン、ブレイカーで伏せを割ってアタック。
更に次のターン、相手は全伏せから疾風ガイア召喚。ブレイカーは落ちたものの、次のターンに大嵐→同族効果で相手の場・手札ともにゼロに。
あとは同族で押し切って勝利。


三回戦:変異月読命 ○○−

一本目・・・やたら波動キャノン引くな〜と思ってたら3枚引いちゃいました
B地区を引けてないのでショッカーに暴れられるが、波動キャノン3枚張りには追い付けなかった様子。

二本目・・・お互いに変異の打ち合い。
相手のプレミスで辛勝。


決勝:上級デッキ ×○×
洗脳3積みで、上級がたくさん。

一本目・・・王家、波動、バインドが揃うが、相手の引きに圧倒されて負け。
砂塵が入ってるのも大きかった。

二本目・・・今度はこっちの引きが鬼。
壺、施し、双子は全部撃った気がする。

三本目・・・こちらの引きが強い。
しかし、相手のクリッターが除去できず、羊で耐えるしかなくなる。
裏守備で耐えようとすると、サウサクが出てくる。
相手の場は羊トークンとクリッターで埋まっているので、月読命を引くまでは様子を見ることに。
しかし、全く引く様子が無く、羊も引けてないので防御も薄い。
そのうちショッカーが出てきて、クリッターと共にダイレクトを喰らう。
こちらも開闢で応戦しようとするが、即座に除去られ、逆に相手が開闢。
羊で耐えて変異まで持っていくが、トップデッキされた破壊輪を開闢付きのサウサクに撃たれて負け。ドローソースの引きは強かったけど、その中身に問題があった感じです。


とはいえ、3−1の準優勝とまずまずの結果。
わざわざ遠征してきた甲斐はあったかな。
今のところ、成績は7−1。これが今どの辺の位置なのかは不明。序盤の遅れが後で響きそうで怖いです。
posted by たてわき at 01:44| Comment(1) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トマトから呼んでくるモンスターのチョイスとか、玄人好みの黒忍者の強さを心得てるところとか、カード資産とか、とにかくスーパー小学生でした。
天賦の才ってやつですか。
Posted by ホスティングサービス用語 at 2005年05月26日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。