2005年04月15日

遊ぷれカップ

・優勝デッキ(変異)

デッキタイプ自体は現在主流の変異ですが、構築が結構異色。
開闢以外の上級モンが居ないので、自分のサウサクを裁き切るのが難しそうですが、その辺は月の書で補ったのでしょうか。
奈落・月の書でかなり防御が厚いデッキに仕上がってます。
あとは、月読命2枚に加えて阿修羅が入ってるのが特徴的。
スピリット3枚は若干やり過ぎ感がありますが、阿修羅自体は最高にメタに合っているカードなので、事故はそこまで気にならなかったのかもしれません。
月の書、阿修羅、我が盾など、若干事故を誘発しそうなカードが多く見受けられるので、結構人間力が必要な構築に見えました。

サイドは割とスタンダードな感じ。良く練られていると思います。

・2位、3位(スタン)
一昔前のスタン。
二人ともメインは全く同じ構成なのが驚き。
構成自体は非常に良く練られているデッキだと思いますが、月読命が入っていなかったり、ブレナイが2枚積みされていたりする辺り、若干メタを読み切れてなかったかなー、といった感じです。

・4位(ガジェット)
とても特徴的なガジェット。
現行のガジェットデッキは、ガジェット以外のモンスターは極力省き、そのスペースを各種罠や速攻魔法に回す、といった除去型の構築が一般的ですが、このデッキは通常のアタッカーも混ざっています。
このタイプはイマイチガジェットを生かし切れない場合が多いですが、除去型には「息切れ」という最大の弱点があるわけで、こういった比較的スタンダードベースなガジェットもアリなのかもしれません。


〜総評〜
優勝は、やはりというか何と言うか変異でした。
変異に対するアンチであるスキドレ辺りが上位に来ると面白かったのですが、まぁ事故るデッキなので仕方ないかなぁ、といった感じです。
posted by たてわき at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2975251

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。