2005年03月07日

新環境デッキ雑惑

カオス>
女戦士の制限、サイエンの禁止化により、除去力が低下。
苦渋、女戦士の規制により、開闢の餌集めもいくらか困難に。
不足分の光属性のスペースにはブレイド・セイマジ・パーシの追加、ザボルグ、マシュ、雑貨の投入といったところでしょうか。

ノーカオス>
アサイのおかげで除去力の低下はまだなんとかなる。
開闢が若干出し辛くなっている分、台頭してくる可能性は十分アリ。

アンデッド>
ヴァロンが準制限になり、ヴァロンの天敵である女戦士が制限にかかり、サイエンも禁止になった。
おまけに、ネフティスの弱体化、クリッターの復活&深淵の暗殺者の流行により、死デッキの投入率が増えてきているので、かなり環境に適したデッキと言える。

変異>
苦渋の禁止が若干響いてるけれども、まだまだ現役。
普通のカオスとは違いアンデッドに強いのが魅力。

ホルス>
女戦士の制限、サイエン・ファイポの禁止によって、レベル8がかなーり除去できない。
スケゴ積んでる人は要注意。

罠ハン>
死霊の最大の弱点であったサイエンが禁止に。
ハンデスモンスター共通の弱点であるスケゴを上手く弾圧で喰えればかなりいけそう。

スキドレ>
双子の復活によって深淵の暗殺者の需要が増え、それに伴いリバモンの枚数が全体的に増えてきている今、スキドレはかなり期待できる。
パワーデッキなので死デッキ耐性の無さが気になるが、そこはアンデッドと合わせるなどすれば問題無し。

帝コン>
ザボルグの除去力が環境に合っているので、かなり期待できそう。
洗脳の三積みがどこまで響くか。

水アビス>
アビス自体が準制限を喰らってしまったが、上級が除去しづらいこの環境には適しているモンスターであるのは確か。
主役の準制限でコンセプト的には弱くなっているので、水中心で組むよりは変異と合わせていった方が良さげです。

お触れワンフー>
カタパメタとしての役割は終わったけれども、スケゴが強いのでまだまだ現役。

1KILL>
現世、ラスバト、デビフラ、無限回復、エクゾ辺りになるのかな?
良くわかんないけどカタパほどの成功率は無いっぽいのでOK。

Vコン>
サイエンが禁止になろうがB地区バインドに規制がかかろうが関係無いっぽいです。

バーン>
B地区バインドの準制限くらいじゃ変わらないですね。
初戦の強さは相変わらずです。


全体的にスタン以外のデッキの強化が目立つようになってきてますね。
面白い環境になりそうです。
posted by たてわき at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。